NISAの必要書類には住民票があるの?手続きが面倒?

NISA変更というと今契約しているNISAを別の証券会社や銀行に変更したいというケースがあると思います。

NISAの口座は制度がはじまった当初から少しかわって、1年に1回だけ変更可能になりました。

もう一つは通常のNISAをつみたてNISAに変更したい場合やその逆があると思いますが、こちらの手続きも同じように、1年に1回変更することができます。

ここでポイントとなるのが、変更前に買った株や投資信託などの金融商品が、変更する際に強制的に解約する必要の有無だと思います。

結論から申しまして、そこは大丈夫ですのでご安心ください。

前年度に買ったものは引き続き持ち続けることが可能です。

もちろんNISAの枠組み制限はそのままですからその点は注意しましょう。

NISAで1万円から投資してみたい人は多いようです。

支出のバランスを崩さない程度に投資してみようかな。

ということをお抱えの経済のプロのような人が雑誌などで言ってたりしますが、実際には少額投資には少額ならではのリスクがあります。

株を例にとってみると、株を実際に売買しようとすると1つの銘柄でも数万円から百万円近く必要になります。

そうなるとお金がある程度ある人にしか参加できませんし、投資先としてどこかの会社を選んだとしても結果としてどうなるかは神のみぞしるわけで、お金がある人にとっても結局リスクがあるというわけでやはりハードルは高いようです。

投資信託がメニューに入っている理由がここで分かるのですが低予算でもバランス投資ができます。

NISAを利用する最大の理由はなんといっても非課税だからですよね。

NISAのメリットを十分に活用するために、NISA投資のルールをきちんと確認しておきましょう。

年間120万円の非課税枠は使い切りになります。

よく勘違いされやすいのですが、例えば50万円の株を購入した後に売却しても50万円分の枠は返ってこないということです。

念のため解説すると、120万円迄という枠になっていますので120万円を超える金融商品は購入できません。

枠自体を持越しすることは出来ないので、年内に使いきれなかった分は消滅し、翌年に新たに120万の枠となります。

NISAと積立NISAの違いは、積立NISAは現物株や様々な投資信託が扱える通常のNISAとは違い、投資できる商品が限られています。

積立NISAの必要書類では投資信託のみの運用になりますが、その中でも手数料が低いという特徴を持っていて、販売手数料がかからないこと、場株式投資信託ETFであることなどに限定されています。

また、投資上限も年40万円までと決まっています。

投資上限は低いですが、非課税投資枠が20年間まで最大800万円までという特徴もあります。

通常のNISAと併用できませんのでお気を付けください。

NISAを銀行では始めようと思っている方って、どれぐらいいるのでしょうか?取引先の銀行とのお付き合いで...ということでなければ、手数料が安く取扱い商品も豊富なネット証券のほうがおすすめです。

もちろん、ゆうちょや銀行など身近にある金融機関では、NISAってどういうもの?というところから丁寧に説明してくれますので、直接やり取りした方が安心という方もいると思いますのでダメというわけではありません。

NISAの最大のメリットである税金を引かれないというのは、最終的に支払うコストが低くなるというメリットですから、どうせなら手数料が安くなる可能性も高めていきたいですね。

極力リスクを下げることも考えて銀行にするかどうか決めましょう。

NISAでは5年後という言葉には大きな意味があります。

というのもNISAは最長5年間と決まっているからです。

実際にこのタイムリミットが来た時にできることをまとめます。

上がっているか下がっているか関係なく一度売ってしまうというのがまず一つです。

次の年のNISA枠でそれまで運用していたものを引き継ぐという方法もあります。

他には通常の証券口座などで運用を続けることもできます。

NISA枠をどう使って投資をするのかは、その人の考え方によって違うと思いますので一概には言えませんが、損を抱えたまま一般的な証券口座に移した場合、忘れないでほしいのですが、非課税というのは損益通算できないということで条件付きのメリットであるということです。

NISAの口座開設の必要書類を検討しているなら、まず最初に考えなければいけないことは、どこを選ぶかということでしょう。

NISA口座は一人一つしか持てませんので、対応する金融機関の中からどれが一番いいか厳選する必要があります。

一番おすすめなのは証券会社ですね。

数ある証券会社の中でも、特にネット証券は手数料が安いのでおすすめです。

単純に安さだけに固執するのではなく、キャンペーンなども合わせて比較することをおすすめします。

例えば売買にかかる手数料が無料になるという証券会社もありますし、キャッシュバックがある場合もあります。

投資金額によっては、キャンペーンを重視するというのも有用です。

NISAの失敗ってやっぱり気になるものですが考え方自体はシンプルなので実は分かりやすいです。

NISAの仕組みによって失敗してしまう可能性、金融商品自体そのものが抱えているリスク、NISAの仕組みによるデメリットを避けようとして逆効果になってしまうリスクの3つです。

NISAの仕組みによる失敗というのは、非課税期間終了時の必要書類に含み損が発生していた場合に、そのまま通常口座に移行させると、含み損後の金額が基準になってしまうので余計に課税されることです。

金融商品自体がはらんでいるリスクというのは、NISAであろうがなかろうが値下がりしたら損だよねということです。

3つ目のNISAの仕組みによるデメリットについてですが、120万円の枠内におさまるように投資先を考えるといったタイプの思考法のことです。

NISAにはロールオーバーと呼ばれている制度があります。

NISAには最長5年という制限が設けられていますが、5年経過後にその年の新たな非課税枠を使って、移すことをロールオーバーといいます。そのため口座開設には通常よりも必要な書類が多くなります。

参考:NISA口座開設の必要書類は?【なぜ住民票がいるの?】

NISAの投資枠自体は毎年120万円迄と決まっていますが、購入した金融商品が120万円を超えている場合でも、ロールオーバーが可能です。

ジュニアNISAと呼ばれるしくみについても枠の上限額や払い戻しのルールに違いはありますが、ロールオーバーの扱いについては基本的には変わりはありません。

とはいえNISA自体が2023年までの仕組みなのでこれからはじめる人にとっては、ほとんど関係ないかもしれません。

NISAとジュニアNISAの異なる点について気になってきますが、通常のNISAは自分のために自分が口座開設をしてお金を出して投資するものです。

一方、ジュニアNISAは、0歳から19歳までの子供やお孫さんのために、親権者などが代理で運用していくしくみになります。

ジュニアNISAはNISA口座を開設できない未成年のための救済措置という面と、子供たちの将来のための備えという2つの面を併せ持っています。

18歳まで払い出しが原則できないという制限があり、20歳になると、自動的にNISA口座へと変更されます。

ジュニアNISAの制度が終わっても、継続管理勘定では20歳になるまで非課税で保有し続けることができるというのは大きなメリットですね。

NISAで取引が可能な対象商品と言えば、ざっくりと3つに分けることがき、株、投資信託、ワラント債というものに分けられます。

株でもリスクが高い信用取引は含まれませんが、比較的低リスクと言われる債券についても対象外になっています。

比較的人気の高い外貨MMFなども含まれていませんし、金やプラチナといった先物やオプションも対象には含まれていません。

そして、FXなどのハイリスク型の金融商品も含まれません。

NISAが生まれた理由ですが、日本人は預金する傾向がとても高いため、その分を投資に回すことができれば、経済全体が活性化するのでは?という想いから誕生したそうです。

つみたてNISAという仕組みが後から生まれたことから鑑みても長期的に投資資金に回されることが狙いのようですね。

NISAは解約可能なのかどうかと言う点について気になる方もいるかと思いますが、手続き自体は可能ですからまずはご安心ください。

但し解約するには条件があり、残高があると解約はできません。

証券会社や銀行などによって、解約手続きは多少違うと思いますが、解約手続きをするための案内にしたがって手続きを進めることになります。

もう少し具体的に説明すると、非課税口座廃止届出書と個人番号提供書類と併せて送付します。

必要な書類に関しましては、手続きを申請した段階で郵送等で送付されます。

いつでも解約しようと思えばできるというのは、iDeCoとの大きな違いです。

解約のハードルが低いので、その分始めやすいということにもなりますよね。

投資に興味があるという方は、「NISAのはじめ方」から勉強してみてはいかがでしょうか。

はじめるだけならば、近所のゆうちょや銀行などでも可能です。

とはいえゆうちょや銀行の場合、本当にただはじめてみるだけ、という人にしかオススメできませんので、着実に収益を上げたいと考えている方には、ネット証券で口座を開設するための必要書類ことを強くおすすめします。

銀行やゆうちょなどといった金融機関で販売されているのは、ローリスクではありますが、ローリターンでもあります。

悪くはないのですが物足りなさは拭えません。

独占の金融商品に興味があるなどこれといった理由がないのであれば、取扱い金融商品が豊富なネット証券がオススメです。

NISAによる資産形成はときどきニュースになりますし、雑誌などでも目に触れる機会があると思います。

かといって、実際に手を付けるかどうかは簡単には決められませんよね。

預金してもメリットが少ないからこれからは投資だといわれても、増えないからといって減らしたいわけじゃありませんからね。

私たち一般人が日常の生活にちょっとプラスして、投資を始めてみようと思ったときに最初に考えるべきなのは、リスクよりもまず、何のためにやるのかという目的です。

子供のためにまとまったお金を用意しておきたいと感じたなら、まずは数年先の未来を想像してみることをおすすめします。

将来に求められることをやっていそうな企業を見つけて株を投資したり関連する投資信託を選ぶなど目的に合わせて投資を考えてみましょう。

非課税で人気のNISA投資におすすめなのはどれでしょうか?あなたがもし初心者だったとすれば、まず最初に必要な知識はNISAがどうこうではなく、投資と預金の最大の違いであるリスクリターンの考え方になれるということです。

預金は元本保証があるし投資はリスクがあるという単純な話ではなく、リスクの発生と現実化のメカニズムについてのケーススタディをすることです。

株の場合はその会社の先行きが不透明になると売られていって値が下がることがあります。

投資信託についてはコストも低いのでつい軽視しがちですが、ファンドがどういう方針で投資先を決めているかということや景気変動との関係性についての理解は必要かと思います。

金融商品自体の性質に加えてあとは自分が投資をどういう目的ではじめるのかを整理するといいでしょう。