株のデイトレードの一日の様子は?

株のデイトレーダーの1日を見てみましょう。
日本の株式市場は、平日の午前9時から始まります。
デイトレードには早起きが必要です。
遅い人でも、朝は7時くらいから起きています。
そして、前日のニューヨークを中心とした世界の市場動向やニュースを読んで、9時からのトレードに備えます。
デイトレードは、板情報を見ながらする人が多いです。
板を読めるかどうかが、デイトレードの達人かどうかの一つの目安です。
信用売りもデイトレードが出来ます。
株は、午前は11時で前場が終わります。
後場は12時半から15時までです。
そして、その後は、株の分析をしたり、書籍で勉強をしたりして過ごします。
土日はトレードがないので、平日に出来ない事をしています。
セミナーに参加したり、英語のレッスンに通う人も居て、自己研鑽を重ねています。